レディ

口腔内の健康のために|矯正歯科や予防歯科で口腔環境改善

虫歯治療の今と昔

医療機器

昔虫歯治療をしたことのある人であればあるほど、歯医者に行くのは憂鬱に感じてしまうものです。その理由は、歯医者による治療が非常に怖く、痛いからです。虫歯菌によって削れてしまった歯をゴリゴリと削り、しみるような痛いような涙が出そうなほどの痛みを感じたことがある人は多いのではないでしょうか。また、重度の虫歯治療の時に神経に触れてしまい、飛び上がるほどの痛みを感じた人は多いのではないでしょうか。これらは現在解決されつつあります。
現在の歯科医院では、無痛治療が主流になりつつあります。具体的には、歯茎に麻酔を注射し、痛覚を麻痺させてから治療に望むという治療方法です。麻酔が注射されるとじんわりとした感覚が口の中に広がり、なにか痺れたような感じがします。この痺れが続いているうちに歯を削ることで、痛みをさほど感じずに治療は行えます。「歯茎に麻酔」ということで少し抵抗感を覚えるかもしれませんが、歯科医院によっては表面麻酔といい歯茎の表面に麻酔薬を塗布し、歯茎の感覚を麻痺させてから麻酔注射を行う歯科医院も少なくありません。
三重県ではこういった表面麻酔を行っている歯医者もあり、歯科医院に少しトラウマを持っている人でも安心して歯の治療を行えます。他にも、三重県では歯医者に強い恐怖心を持つあまり震えや汗が止まらなくなる「歯科医恐怖症」の人でも安心して治療をできるように対策をしているところは多いです。三重県の歯科医院のホームページを探し、そういった患者さんにも対応しているところを探せば問題なく通い続けることはできます。また、三重県では虫歯にならないための予防治療にも力を入れています。